The 54th Annual Scientific Meeting of the Japanese Society of Hyperbaric and Undersea Medicine

第16回日本臨床高気圧酸素・潜水医学会学術集会のページへ

TOP
会長挨拶
開催案内
会場案内
プログラム
各種会議・関連行事
演題募集
予稿集
参加者の皆様へ
座長・演者の皆様へ
寄付のお願い
広告募集
LINK
学会ポスター

協賛
株式会社小池メディカル
学会長からのごあいさつ
会長 和田孝次郎
第54回日本高気圧環境・潜水医学会
合同学術集会2019
   会長  和田孝次郎

(防衛医科大学校脳神経外科学講座 臨床教育教授)


 第54回日本高気圧環境・潜水医学会合同学術集会の主催にあたり、御挨拶申し上げます。
 この度、合同学術集会を開催さていただく栄誉に浴しましたこと、誠に光栄に存じます。2019年6月15日(土)、16日(日)、東京 お茶の水 東京 医科 歯科大学 M&Dタワー におきまして第54回 日本高気圧環境・潜水医学会学術集会を第15回日本臨床高気圧酸素・潜水医学会学術集会・総会と 合同にて開催させていただくことになり身の引き締まる思いとともに、運営委員一同、本大会の運営に尽力する所存ですので、何卒ご協力のほど宜しくお願い申 し上げます。
メインテーマには「絆−高気圧酸素治療の安全と教育−」を掲げました。平成30年度診療報酬改定の追い風で増加が予想される高気圧酸素治療ですが、効果的 な治療を提供するためには教育と安全性の担保こそが重要な柱と考え合同学術集会の中心に据えさせていただきました。
 また、ダイバーの高齢化に伴った問題も昨今指摘されております。そこで、第2日目に、ダイビングの安全性をより高めるために「潜水適性」を企画しまし た。さらに教育講演ではDivers Alert Network JAPANの小島泰史先生に「潜水障害のプレホスピタルガイドライン」をDr. Petar Denoble (Vice President of Mission at Divers Alert Network)に「潜水障害の鑑別診断と治療」についてご講演いただきます。
 医療技術部会においては、日本高気圧酸素医療技術学会と共催で「高気圧酸素治療と治療技師の変遷」を開催いたします。
 自分自身の興味から盛りだくさんな内容を用意させていただきました。是非とも足を運んでいただき、短い時間ではありますが、多くの先生方とアカデミック な議論を戦わせながら親善が図れることを願っております。
皆様の御参加を心よりお待ちしております。
Copyright(C) 2019 第54回日本高気圧環境・潜水医学会学術集会 All rights reserved.